神谷 麻穂 / Asaho Kamiya

「土の材質感や肌触り」に惹かれて陶芸の道を志したという神谷麻穂。彼女の作品が独特のテクスチャーを持つのはそのためです。
柔らかな色彩の絵は、自然の中のモチーフや彼女の記憶の中のイメージですが、作品が語りかけてくるものがトリガーになっていて、「土の質感・造形と絵が融合することが理想」なのだそう。
楽土庵の「絹」室に設えられた陶板作品だけでなく、彼女の抹茶碗などの茶道具でお茶を楽しんでいただけます。

神谷 麻穂
1986 愛知県生まれ
2012 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科工芸専攻 修了
現在 高岡市にて制作

展覧会など
2012 アートアワードトーキョー丸の内2012(行幸地下ギャラリー・東京)
2013  神谷麻穂展―陶 いろはにほふ―(LIXILギャラリーガレリアセラミカ・東京) 
2014  神谷麻穂展(目黒陶芸館/三重)、神谷麻穂個展 ふなびと(金沢アートグミ/石川)
2015  神谷麻穂うつわ展 天照らす 雨かおる(カフェ&ギャラリーミュゼ/石川)       
2016  ザプリンスギャラリー東京紀尾井町 レセプションカウンター壁面に作品展示
2017  神谷麻穂(Kamiya Asaho)展(目黒陶芸館/三重)
2018  CONTACT 交換する物語の部屋(黒部市美術館/富山)

受賞歴
2011  第30回長三賞常滑陶芸展 入選
2012  アートアワードトーキョー丸の内2012 シュウ ウエムラ賞
2014  横浜アートコンペティション 審査員賞
2016  工芸の現在 第二回菊池寛実賞(菊池寛実記念 智美術館/東京)

私たちがより良い情報を提供できるように、プライバシーポリシーに基づいたCookieの取得と利用に同意をお願いいたします。